So-net無料ブログ作成

本当にほしかったのはこういうブログだったんだ

バターコーヒー [ダイエット]

今、全米で「バターコーヒー」が大流行してるようです。

朝食に、このバターコーヒーを飲めば、毎日痩せるとか!?

「バターコーヒー」は、日本でも昨年秋頃から、流行に敏感な一部のネットユーザーの間でじわじわと話題になっているようです。


バターコーヒーには、数々のメリットが報告されています。

例えば・・・

「お通じが良くなった」

「お腹が空かない」

「集中力が上がった」

「朝から頭がクリアーになる」


「バターコーヒー」は、実は、シリコンバレーの起業家であるデイヴィッド・アスプリー氏の著書『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』から火が付いた飲み物なのです。

アスプリー氏は、150キロもの体重と不健康な体をどうにかしようと、3600万円もの大金(!)を投入して、世界中の食とダイエットを「自分の体を使って」検証したそうです。
 
その結果、この「バターコーヒー」を含む「完全無欠ダイエット」にたどり着いたのだとか。

なんと、この方法によって、アスプリー氏自身は、150キロの体重が100キロ以下になったうえ、さらにIQも20ポイントアップするという驚きの結果を手に入れたのです。



では、なぜ、バター+コーヒーの組み合わせがダイエットに効果的なのでしょうか?

アスプリー氏が試行錯誤のうえ、もっとも効果的だと編み出したバターコーヒーは、以下のようなレシピで成り立っています。

「コーヒーにMCTオイル(ココナッツから抽出 した中鎖脂肪酸オイル)大さじ1~2杯と、良質の無塩バター、またはギー大さじ1~2杯を加えてブレンダ─などで撹拌する」


★。・':.゚・。。.:*:'゚。.:*・'゚。.:*:'゚。・':.゚・。★


この際、ポイントとなるのが、ただ入れるだけではなく、必ず撹拌して混ぜ合わせること。

撹拌することで、バターやオイルが「ミセル」という状態に分解され、脂肪をエネルギーに変換するようになるのだとか。


また、使うバター選びも肝心のようです。

アスプリー氏曰く「使用するのはグラスフェッド(牧草飼育)の牛からとれたミルクでできた無塩バターがお勧め」とのこと。

フォンテラ社のバターなら、ネット通販で購入可能ですよ。
(ニュージーランド産のバターは、基本的にグラスフェッド)



★。・':.゚・。★。・':.゚・。★

完全にグラスフェッドのものが入手できない場合は、AOP(原産地呼称保護)認証を受けている高品質の無塩バター(ブレスバター他)がイチオシとか。

実は、9月に『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』が発売されてから、ネット上でMCTオイルやグラスフェッドバターに注文が殺到しているとの情報もあります。


「コーヒーにバターやオイルを入れるなんて、脂っぽくて飲めたもんじゃない!」

多くの方は、このように思うかもしれませんね。

でも、実際に試してみたところ、意外にもクリーミーで、脂っぽさはほとんどなく、美味しく飲めます。


これを朝食代わりに飲むと、ランチまで空腹感を感じないうえ、便秘の悩みもスッキリ解消するようです。


さらに、著書の中にはほかにも・・・

「朝、ヨーグルトを食べると太る」

「炭水化物は夜に食べたほうがいい」

「冷や飯を食べると腸内の善玉菌が育つ」

「果物を食べると集中力がなくなる」

これまでの健康常識、美容常識とはまったく逆の検証結果が明らかになっているので、一見の価値がありますよ。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

家電


ブログ王ランキングに参加中!
seo great banner track feed ハッピー日記
  • SEOブログパーツ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。